【英会話上達のコツ】英語学習のロールモデルを見つけよう

respect

英語学習の悩みとして、学習の方法がわからなかったり、モチベーションが続かなかったりということがあると思います。

こういった悩みを持つ方にオススメしたいのが、英語学習のロールモデルをみつけるということです。

ここでモデルというのは、この人のように英語が話せたら良いなと思えるような人。
ネイティブとか帰国子女とかではなくて、日本人もしくは非ネイティブで苦労して、英語を話せるようになった人が良いと思います。

モデルを持つことの重要性

学習の希望となる

なぜ、モデルを持つことが大事かというと、一つは日本人、非ネイティブであっても、ここまでの英語が上達という希望が持てるということがあります。

英語学習といのは、やはりある程度時間がかかるものだし、継続することが大事になります。

私もそうだったけれど、本当に日本いるだけで英語が話せるのか疑問になって悩んだりしてしますことがあります。
でもそういった時にも、英語学習のモデルとなる人がいると、彼らが目標になって、学習に対するモチベーションを維持することができます。

You don’t have to be perfect!!

もう一つの大切なことは、完璧主義から脱することができるということです。
非ネイティブで英語をペラペラに話すように見える人でも、必ずしも完璧な英語を話すというわけではありません。
発音も日本人なまりだったり、文法の間違いもあるでしょう。

だけど、彼らは英語を使ってビジネスを成功させたり、素晴らしいプレゼンを行って、堂々とネイティブとわたり合っていいます。

学校の英語の授業では間違うことはダメだったから、私たち日本人は必要以上に間違いを恐れるけれども、そもそも完璧な英語なんて目指すべきではないと思います。

自分の英語のモデルとなる人を見つけよう

私にとっては、経営コンサルタント・作家の神田昌典さんやタレントの神田ロムさんがいいモデルになっています。

神田昌典さんは英語の学習本も書いています。
今度、ぜひ書評したいと思います。
英語で日本のことを発信できるのは素晴らしいですね。
中国人だけど、アリババCEOのジャック・マーなんかもいい。
彼の英語を話せるようになったストリーは感動的だし、英語ができることがビジネスチャンスになるということでも良いモデルになると思います。
 

ソフトバンクの孫社長、女性だったら弁護士の土井香苗さんとかが良いかもしれません。

 

北朝鮮の方のTEDトークです。
英語は必ずしも完璧でなく、なまりがあるようですが、プレゼンの内容は素晴らしく、最後には感動でスタンディングオベーションが起こっています。

 

もちろん会社の先輩とか身近でロールモデルとなる人がいればその人でもいいです。

私は、神田昌典さんとかを英語学習のモデルとするようになってから、英語学習に対する気持ちが楽になった気がします。

神田昌典さん自身がいっていますが、彼の英語は文法の間違いがあったり、けっして完璧ではありません。でも、彼の英語でのインタビューを聞くと、話し相手と本当に良いコミュニケーションを成り立たせているのがわかります。

完璧な英語を話す必要はないんだということを、神田昌典さんを通して学ぶことができました。

今はYou Tubeなどを通して、様々な人の英語を聞くことができます。
ぜひ、自分の英語のモデルとなる人を見つけてみてください。