【英会話のコツ】あなたの英語を一瞬で通じやすくするコツ

tipsあなたの英語をより通じやすくする重要なコツを2つ紹介します。
これは、意識すれば一瞬で簡単にできるものです。

ぜひ、英会話レッスンや実際の会話のときに意識してみてください。
私もいまだに意識するポイントです。

大きな声で話す

big voice
1つ目のコツは「大きな声で話す」ということです。

えっ、そんなこととあなたは思ったかもしれないけど、これは本当に大事です。

まず、日本語はそんなに大きな声を出す言葉ではありません。
それに対して、英語はある程度大きな声でないと通じない言葉になります。

そう考えると、電車などで外国の方が英語を話してるとよく声が響いていると思います。

ですので、日本語で話すようにボソボソと英語を話してもなかなか通じません
 

特に初心者の場合は自信のなさもあり、ボソボソ声になりがちだけれども、そうなると内容、発音が正しいかどうか以前に、相手にきちんと聞こえていないということになります。

私もこれまで何度もネイティブに「もっと大きな声でしゃべって」といわれてきました。
というか今でも言われる…。

まずは、英語を話すときは、日本語を話すときより大きな声で話す、ということを意識しよう。

声のトーンを1オクターブ落とす

low voice

  
もうひとつのコツは「声のトーンを1オクターブ落とす」ということです。
もちろん、1オクターブ正確に落とす必要はありませんので、低めに声を出すことを意識することで十分です。

日本語と英語のバイリンガルの場合、彼らが英語を話すときは日本語を話すときよりも声がワントーン低くなっているらしいです。
 
これは、日本語と英語の発声方法に違いから来ています。

英語のネイティブは「のどの奥から発声」します。

「商談時は、声を1オクターブ下げなさい」はアメリカのビジネスの鉄則にもなっているらしいです。
喉の奥から、もっというと首のしたあたりから発声した深みのある声、これが英語圏では聞きやすい声ということになる。

英語を話すときは喉の奥から、もしくは胸から声を出すということを意識してみましょう。
より深み、落ち着きがあり、通じやすい英語になるはずです。

 
以上2つ。どちらもすぐに取り組めることなので、ぜひ英語のレッスンや実際の会話に活かしてみてください。

まとめ

まとめ
  • 英語を話すときは、日本語を話すときより大きな声で話す
  • 英語を話すときは喉の奥から、もしくは胸から声を出すということを意識してみよう