【書評】「ネイティブなら子どものときに身につける 英会話なるほどフレーズ100」

本の特徴

英会話なるほどフレーズ100

スティーブ ソレイシィ

英会話なるほどフレーズ100
  • オススメ度:(満点)
  • 対象   :初心者~、ネイティブが日常生活で使う基本フレーズを覚えたい人

Amazon

  • ネイティブが子どものころから使っている「超・定番」100フレーズ
  • 学校の英語の勉強では習わないがネイティブがよく使うフレーズを学ぶことができる

著者は、NHKラジオ英語講座の講師も務めていて、フレーズ系を中心に多くの書籍を出版しているスティーブ・ソレイシィ氏です。

スティーブ・ソレイシィ氏の書籍はシンプルなフレーズを集めたものが多く、彼のテキストで学習すると、難しく考えずにできるだけ簡単な表現から使っていこうという気持ちになります。

本書では、アメリカ人が赤ちゃんのときから聞かされ成長とともに身につけた100の表現を集めて解説されています。

私はこの本を、英語の勉強をはじめてしばらく経過してから、TOEICなどの試験でも高得点を取れるようになってから読みましたが、ほとんどのフレーズは使い方がわからないものでした。

ネイティブが子供のときに学ぶ表現ということで、日本の学校の勉強やTOEICなどの試験勉強では見かけないようなフレーズがたくさん出てきます。

例えば、「おしい」「almost」で言い表すことができます。
これは、私にとって当時、大きな学びでした。

TOEICなどのテストはできても、なかなかこういったちょっとした表現がすぐ口からすぐ出てこなかったりします。

このように、この本で学んだ知識は英会話のいろいろな機会で役に立っています。

基本的に本書の内容は、日常会話を学びたい人向けの知識ですが、できればすべての英語学習者は、一度は読むべき良書だと思います。
TOEICなどの勉強をしてきた人や、ビジネス英語を学びたい人にも役立つ内容になっていると思います。

文法を学んだり、基本フレーズを暗記した上で本書を読むと、より日常会話にも対応できるようになり、あなたの英会話力に幅をもたせることができるようになります。

使い方

まずは、本書を簡単に読んで、フレーズの意味や使い方を理解していきましょう。

その中で必要だと思うフレーズは音声を活用しながら、暗記をしていきましょう。

まとめ

まとめ
  • 学校の勉強では学べないような、日常会話の基本フレーズが学べる本