【書評】「大矢復 英作文講義の実況中継」

本の特徴

大矢復 英作文講義の実況中継

大矢復

大矢復 英作文講義の実況中継
  • オススメ度:(満点)
  • 対象   :中級者(中学文法を学習した人)、ライティング・スピーキング力を伸ばしたい人

Amazon

  • 代ゼミ講師・大矢復氏の大学受験用英作文対策本
    (一般用には「英作文TRY AGAIN!」という書籍名で販売)
  • 大学受験用の書籍で説明がとてもわかりやすい
  • 文法事項ごとに日本人が間違いやすいポイントが整理されている
  • 自由英作文対策もわかりやすく、英検対策などにも有効
  • 例文音声は付属していない

英作文対策の定番の本です。

代ゼミ講師・大矢復氏による大学受験用の本になります。
発信型英語という視点で文法事項がわかりやすくまとめてあり、大学を受ける人だけではなく、すべての英語学習者が読んだほうが良いと思うほど素晴らしい内容の本です。

自由英作文の内容も基礎的な考え方がしっかりまとまっており、私は英作文のあるテストの前には必ずこの本を見直します。

また、英語を話すときも、この本の知見がいろいろなところで活きているなと思います。
英作文のトレーニングをすることで「アタマの中で英文を作り出す発想」が鍛えられ、英会話力の伸びに繋がります。

著者の大矢氏は、予備校で生徒が英作文でする典型的な間違いをたくさん見てきました。
その経験をもとに、日本人が間違えやすい落とし穴、ポイントが文法事項ごとにまとめてあります。

英語の学習では、日本語と英語のギャップを意識することが大切です。
英語と日本語は、世界の言葉の中で最も類似性がないものと言われています。
ですので、日本語→英語に変換するときは、そのギャップを意識して考え方を変える必要があります。

本書は英作文の間違いを訂正する形式で説明されているため、日本人がギャップと感じるポイントを理解しやすいです。

上級者へのステップとして、自分で自分の英語の間違いに気づいて、それを訂正していくということ(セルフコレクションが必要になります。

この本に載っているポイントを理解すると、そういったセルフコレクションができるようになり、通じにくい英文を書いたり、英語を話すことが減っていきます。

リーディングやリスニングの学習だけでは、自分から発信する英語力は伸びません。
発信型学習の基礎を学ぶ本として、本書をオススメします。

少し残念だなと思うポイントは、例文の音声などは付属していないことです。
例文音声があれば、理解した例文の暗記など学習の幅も広がると思います。

 

本のポイント

1.本の構成

本書は、Part1~3の3つのパートからなります。

  • Part1 ここが大事、英作文のツボ
    縦の選択、文法的思考
  • Part2 ここを英語でどういうの?
    横の選択(単語・語法の知識)
  • Part3 自由英作文の完全攻略

2.Part1

Part1は英作文をする上での「縦の選択」について説明されています。
「縦の選択」とは、“主語が来て、その後に動詞を持ってきて”というような、次にどのような品詞が来るかを考えることです。

英作文をする上で必要となるそういった文法的考え方が、間違いのある英文を訂正する形で説明されています。

例えば、「たばこを吸う日本人男性は多い。」という問題に対して、「Japanese men who smoke are
many.」という誤解例が示され、その英文がなぜダメなのか、そして「たばこを吸う日本人男性は多い。」という日本語を簡単に英語にするには「Many Japanese people smoke.」といえば良いことが説明されています。

  • たばこを吸う日本人男性は多い。
  • Many Japanese people smoke.

説明は大学受験用ということもあり、とても丁寧でわかりやすく、この例文のパートで“形容詞の使い方”、“時制の一致”、“数の一致”、“現在形が表す習慣”などポイントについて理解を深めることができます。

Part1を通して、こういった英文の作る上でのポイントを理解することができます。

3.Part2

Part2は「横の選択」のパートです。
「横の選択」は、日本語の意味に対してどのような英語の単語・語法を選んでいくかということです。

例えば、「許す」という項目では、日本語の「許す」ということに対して「子供が夜遊びに行くのを許す」というように“これから~するのを許す”と「生徒が遅刻したのを許す」のように“~したことを勘弁してあげる”では、英語に直すとき違う動詞を選択する必要があることが説明されています。

  • 勘弁する:excuse [forgive] 人 for ‥ ing
  • 許可する:permit [allow] 人 to do

つまり、日本語と英語はフレーズが1対1に対応しているわけではなく、1対多に対応しているということになります。

このポイントを理解することにより、同じ日本語でも説明したい状況に応じ、適切な単語、フレーズを選択できるようになります。

Part2では「許す」のほかにも、「最近」「休む」などについて適切な英語表現の選択について説明されています。

4.Part3

Part3は自由英作文対策です。

自由英作文の基礎となる3部構成が学べます。

英文には、構成の型のようなものがあり、最初に結論を述べて、その後に最初に述べた結論の理由を添えたり、詳しく説明したりするサポートが来ます

その型として、本書では以下のような形で整理されています。
3部構成で”主張→サポート→もう一度主張”といった3部構成になっています。

  • 第1文 Topic sentence(自分の主張)
  • 第2文 Support(主張の補強)
  • 第3文 Reworded Topic Sentence(ダメ押し)

これが英語の構成の基本になります。
英作文の学習ではまずこの型にそって書くことが大切になります。

より長い文にしたいときは、サポート部分を長くしていくことで対応できます。
サポートに理由をもってくるときは、その数を2個、3個と増やせば文章を長くしていくことが可能です。
(サポートは3つが落ち着くと言われています。)

 

英検1級では英作文の試験があり以下のような問題がでます。

  • Has a university degree in the humanities lost its relevance in today’s
    world?)
  • (人文科学の学位は今日の世界においてその重要性を失くしているか)

英検の英作文問題には、「3部構成にすること」、「サポートは3つ出すこと」、「200から240語で書くこと」などの指定があります。
つまり英検の試験でも、上にあげたパターンで書きなさいということが明示されています。

他にも英文の構成について説明された参考書はありますが、大学受験用ということもあり、英文も簡単なものが使われている本書が、英作文を学ぶ上では学びやすいと思います。

こういった英作文の発想は、英語のスピーキングでより長い文を話さなければならないときにも役立ちます。
英検の2次試験の面接でも、私はこのパターンで対応しました。

5.英作文を学習することで、英会話力を伸ばすことができる

スピーキングとランディングは表裏一体です
「アタマの中で英文を作り出す発想」はライティングとスピーキングで共通します。

スピーキングとランディングは表裏一体です。
英作文の練習をすることは、「アタマの中で英文を作り出す発想」を鍛えることです。
この「アタマの中で英文を作り出す発想」は英語スピーキングにも役立ちます。

スピーキングの練習なかなか上達しないと感じたら、やみくもに話す練習をするより、一度じっくり英作文の練習をすると、スピーキング力の向上につながるはずです。

本の使い方

Part1を中心に学習、Part2は適度に参考にして、自由英作文対策が必要な人はPart3を学習しましょう。

全体をざっと読んで考え方を理解するだけでも得られるものがあると思います。

Part1は訂正を必要な例文を、自分で正しい英文に直せるようになるところを目指しましょう。
Part3は実際の英文を書いてみて、可能であればネイティブの添削を受けると良いと思います。
現在はオンラインで英文を添削してくれるサービスなどもあります。

まとめ

まとめ
  • 文法を確認しながら、英作文の学習ができる本
  • 英作文を学習することで、英会話力を伸ばすことができる